Amazon自己発送での代金引換方法と売上金の受け取り方法

Amazonで売れた場合の商品発送は、
個人にかかる労力を軽減させるため、
できるだけFBA発送を上手く使って収益を得るべきですが、
商品によっては、今が一番需要が高まり、
短期間のトレンド商品となる場合があります。

そのような商品は、お住まいの環境によっては
FBA納品の反映が遅くなり、
それによって機会損失になってしまう商品は、
すぐに自己発送でも販売してしまいたいところです。

その際に代金引換を設定していると売れやすいです。

ただし売上金受け取り方に自己発送とFBAの場合では
違いがあるので、その辺りのお話をしていきます。

 

こんにちは、キタジョーです。

 

そもそも今日のお題は、
僕のAmazonの出品設定が自己発送でもFBA発送でも、
代金引換」にチェックマークを付けていたことから始まりました。

正直、普段から自己発送はほとんどしていませんし、
自己発送代金引換は何となく面倒くさそうだなと感じていたのですが、
ひょんなことからやるハメになってしまいました 笑

 

ただその後、危険物商品を「代金引換可」で出品したところ、
こちらも早々に代引きで売れていったので、
多少の手数料が差し引かれますが、若干売れやすくなるのかな?
とも思いましたので、今では数少ない自己発送商品に対して
そのまま代引き対応ができるように設定しています。

この自己発送の代金引換での発送方法と、
売上金受け取り方法分からない、分かりづらくて躊躇している方
少なからずおられるので、できるだけ分かりやすくご説明していきます。

 

Amazon出品時の代金引換設定の手順

 

出品時の代金引換の設定方法は、すごく簡単です。
これは自己発送でもFBA発送でも同じです。

 

最近、Amazonの出品画面の仕様が変わりましたので、
出品時には「詳細表示」をクリックする必要があります。

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-1-4

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

出品画面の下のほうに、「支払い方法のオプション」があり、
その中に「代金引換」の設定があります。

代金引換にする場合は、下図のように「チェックマーク」を入れると、
購入者が代引き決済の選択が可能となります。

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-1-3

 

Amazon出品時の代金引換の設定は、たったこれだけです。

自己発送で代引きする方は、ぜひ覚えておきましょう!

 

代金引換での自己発送における梱包と納品書の取り扱い

 

代金引換になった場合でも、
自己発送の手順は通常の自己発送と何ら変わりません。

いつも通り商品を梱包して、商品と購入者様にお渡しする納品書を
ダンボール箱の中に入れてから、テープで封をしていきます。

 

その際、納品書に代金引換回収額が書かれていますので、
納品書の入れ忘れには注意しましょう。

購入者が納品書を見て、代引きの支払いをする場合があります。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-1-2

(クリックすると画像を拡大できます)

※上記の商品の納品書は、発送通知をしてしまうと、
Amazonの仕様上、トランザクションの詳細が開けなくなってしまうため、
上記の画像以外、用意できませんでした。

 

代金引換ゆうパックでの発送方法

 

個人ができる代金引換での商品発送は、
郵便局の代金引換ゆうパックに限られています。

佐川急便やヤマト運輸では、契約が必要となり、
個人ではなかなか契約に応じてくれません。

なので、「代金引換ゆうパック」を利用していくことになります。
レターパックやゆうメール・定形外郵便での、代金引換はできません。

 

また代金引換の際に、代金引換手数料」として260円がかかります。

 

下記のものが、「代金引換ゆうパック」の伝票になります。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-2-1%e5%a4%a7(クリックすると画像を拡大できます)

 

代金引換ゆうパック伝票の書き方ですが、
「お届け先」や「ご依頼主」、「配達希望日」・「品名」に関しては、
通常のゆうパックと全く同じように記入ます。

 

ただし、ご依頼主の「おなまえ」欄に、
Amazonのショップ名だけでなく、あなたの氏名フルネームも書く必要があります。

名前を書かないと銀行口座との不一致が生じ、本人特定ができず、
代引き金額の回収ができなくなってしまいます。

※法人の場合は、法人名(会社名)と法人の銀行口座で大丈夫です。

 

では、通常のゆうパックと違う点ですが、
赤枠の部分に代金引換で回収する金額を記入していきます。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-2-2

 

あくまでもAmazonでの記入方法ですが、

赤枠の「送金額」と「引換代金」(1行目と2行目)に、
納品書に記載のある「代金引換回収額」を記入します。

なので、1行目と2行目には、同じ金額が入ります。

 

3行目の「消費税額等」には、商品代金が5万円を超えた場合に記載し、
4行目の「印紙代」も必要になってきます。

この3~4行目は、商品代金が5万円を超えなければ空欄で提出します。

 

次に郵便局の配達員が、代金引換として回収した代金を、
あなたの口座に振り込まなければなりません。

ですので、あなたの銀行口座を記載する必要があります。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-2-3

 

引換代金を受け取る銀行口座は、
ゆうちょ銀行もしくは他の銀行でも問題ありません。

 

ゆうちょ銀行の場合は、1項目に「記号番号」と「口座番号」を書き、
3項目にカタカナで「氏名」、4項目に「電話番号」を記入します。

 

他の銀行の場合は、2項目に該当する「金融機関種別」にチェックを入れ、
「金融機関コード」と「支店コード」、「金融機関名」と「支店名」をそれぞれ記入し、
「口座種別」と「口座番号」を記入します。

3項目と4項目の記入は、ゆうちょ銀行と他の銀行ともに共通です。

 

ここまで間違いなく記入していれば、あとは再度確認して終了です。

 

もしも万が一、記載ミスがあった場合には、
伝票の修正ができず書き直しとなります。

また発送後には、郵便局員が伝票を修正することもできないため、
そのまま間違った内容で送られてしまい、
それがあなたの口座に関することであった場合、
代金回収までに時間を要することになりかねないので、
記載したすべての内容に間違いがないか、発送前に必ずチェックしましょう!

 

引換代金の回収は、どこの銀行でも問題なくできますが、
ゆうちょ銀行と他の銀行では、送金手数料が変わってきます。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-2-4

 

5万円未満の場合は、ゆうちょ銀行が130円、他の銀行では216円
送金手数料がかかってきます。

 

ちなみにAmazonでは、こちらの送金手数料は出品者の負担となり、
購入者から徴収することは一切できませんので、予めご注意ください。

 

代金引換時の売上金回収は個人の銀行口座から

 

ここがFBA発送の代金引換と少し違うところですが、
自己発送の場合、予めAmazonから代金引換手数料¥324と
配送料¥350(メディアの場合)が補填されます。

なので、商品代金+代金引換手数料¥324+配送料¥350(メディア)の
合計額を購入者が支払う金額となりますので、
それを配送業者を通して代金回収しなければなりません。

 

Amazonのトランザクション上で、発送通知をクリックしても、
今回の取引の際に発生したAmazon手数料が差し引かれるのみとなります。

ですので、「代金引換ゆうパック」伝票で記載した、
銀行及び口座番号が必要となるわけです。

 

回収(売上)代金は、Amazonを通さずにあなたの個人口座に入金されます。

代引き商品が購入者の元に届き、その場で商品代金が支払われ、
数日後に記載したあなたの銀行口座に入金されます。

Amazonのトランザクション上ではAmazon手数料のみ差し引かれていますが、
それが正常な状態となります。

 

最近Amazonで自己発送したトレンド商品のせどり

 

今、話題沸騰中の映画「君の名は。」の主題歌及び挿入歌を歌っている
RADWIMPSの初回限定盤のCDが、
未開封新品でお宝倉庫系のお店に13,000円で置いてあったので、
今なら自己発送で売れると思い、仕入れて即日で売りました。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-1-1矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%99%ba0917-1-2

トレンドのほぼピーク価格で売れまして、
利益3,448円 (配送料+代金引換手数料+送金手数料を差引)をいただきました!

この商品の発送こそ、自己発送における代金引換をした最初の商品でした。

 

自己発送での代引きは、単純に言えば伝票に少々違いがあり、
金額と銀行口座番号を書くだけなのでさほど難しくはありませんが、
お金の流れが不透明なため、躊躇する人が多いようです。

ただ今現在では、代引きで注文する購入者が増えているので、
販売における機会損失が出ないようにするには、
自己発送でもFBA発送でも、「代金引換」にチェックを入れておいた方が良いです。

 

自己発送における代金引換は、Amazonから補填が入るといえど、
実際に代金引換手数料260円と送金手数料130円(郵便局)が最低かかってきますが、
それであってもメリットがあると言えるでしょう。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2件のコメント

  • こんばんわ★

    せどりに興味があり勉強中です。
    私もネットで買うときは早くほしいときは
    代引き注文することが多いです★
    手数料はかかりますが、楽なので笑

    代引きでも売れ行きが上がっているのは
    貴重な情報ですね(^◇^)
    また勉強させていただきます★

    応援ポチ完了です!

    • キタジョー

      TOMOさん

      こんばんは、キタジョーです。
      コメントありがとうございます!

      代引きを設定すると、
      クレジットカードを持っていない方や、
      ネットでクレジットカードを使うことに
      不安がある方々から購入されるようにもなるので、

      多少手数料がかかって利益率に若干影響がありますが、
      売れないよりは売れたほうが良いので、
      僕の場合は割り切って販売していますね。

      少しでもお役に立てる記事をこれからも
      作成していきますので、
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す