せどりで法人化して合同会社を設立した手順と開業までの流れ

専業でせどりを始めた場合、ほとんどの方が
個人事業主でスタートするのが一般的ですが、

年間売上1000万円を超えてから2年以内に
法人成り(法人化)することによって、
消費税事業者になることなく、
さらに最大2年間、消費税が免除されるため、
年間売上1000万円超えが一つの基準となっています。

また、年間所得が400万円を基準として、
法人成り(法人化)が検討される条件ともなっています。

 

今回、僕がせどりを事業として合同会社設立した手順と、
開業までの流れをお伝えしていきます。

ただし、あくまでも僕が経験した法人設立の流れであり、
諸条件や環境によって流れが変わることをご了承いただき、
会社設立の参考にしていただければ幸いです。
「せどりで法人化して合同会社を設立した手順と開業までの流れ」の続きを読む…

アマゾンFBAのスキャン納品の設定と手順

AmazonのFBA納品には2つの方法があります。

一つは前回ご説明した通常のFBA納品、
もう一つはこれからお伝えしますスキャン納品
この2つ方法どちらでもアマゾンにせどりした商品を
納品することができます。

通常のFBA納品よりも時間短縮できるのが、
スキャン納品となります。

今回はスキャン納品のメリットと使用する道具、
納品設定の手順等をお伝えしていきます。

「アマゾンFBAのスキャン納品の設定と手順」の続きを読む…

FBA発送の手順とダンボール梱包の輸送方法

Amazonに出品登録してFBA納品の
準備が終わったら、
次はいよいよFBA発送をしていきます。

アマゾンFBAを利用する際の出品作業は、
この3つの工程で1セットとなります。

せどりで仕入れた商品の登録から発送までの
流れがこれで完結しますが、
梱包を疎かにしてFBA到着までの間に
商品が破損していたら、
今までの作業がすべて台無しになってしまいます。

そうならないために最後までしっかり
梱包作業をしていきましょう!

「FBA発送の手順とダンボール梱包の輸送方法」の続きを読む…

アマゾンFBA納品の手順と登録方法のまとめ

Amazonに出品登録したせどり商品を
そのままFBA発送に切り替えていきましょう!

自己発送で商品が売れる都度、
発送しても良いですが、
せどりの自動化を狙うことを考えれば
断然FBA納品にするべきです。

納品手順や登録方法を一度覚えてしまえば、
自己発送よりも簡単で時間的にも日々の作業量も
短縮できて有意義に過ごすことができます。

アマゾンが納品許可している商品すべてを
FBA発送するくらいの勢いでやっていきましょう!

「アマゾンFBA納品の手順と登録方法のまとめ」の続きを読む…

せどりで仕入れた商品をAmazonに出品登録する方法と手順

せどりでそれなりにまとまった仕入れができたら、
次にやることはAmazonに出品登録をしていきます。

Amazonに出品したことがない方にとっては、
慣れるまで少々ややこしい部分があるかもしれません。

初心者の方が使う項目とそうでないものなど、
その辺りも詳しく手順に沿って実践しやすいように
必須項目に絞って解説しています。

出品登録をやらないとせどりで1円も稼げません。

仕入れとは違い地味な作業になりますが、
気合いを入れて取り組んでいきましょう。

「せどりで仕入れた商品をAmazonに出品登録する方法と手順」の続きを読む…

せどり自己発送の梱包方法・手順と使う資材

せどりした商品がAmazonで無事に売れたら
購入者様に商品を発送しないとなりません。

とは言っても商品の発送や梱包をしたことが
ないという方もいらっしゃると思います。

なので今回、梱包から発送までの手順を
分かりやすく順を追って画像で説明していきますね。

ちなみに今回の梱包と発送方法はあくまでも
自己発送のメディア系を発送する基本的な
手順となります。

「せどり自己発送の梱包方法・手順と使う資材」の続きを読む…

Amazon出品者の悪い評価の消し方と削除依頼の手順

Amazonにせどりした商品を
出品していると、
どんなにこちらに否がなくとも
悪い評価が一定数受け取ることに
なってしまうことがあります。

商品を販売している以上、
そしてこちらが査定した商品基準と
購入者が考える基準とに
相違があった場合、
悪い評価としてフィードバックを
受けてしまいます。

しかしその悪い評価は内容によって、
Amazonから取り消してもらうことが
できるんです。

悪い評価の消し方とその対策、
実際の事例をもとにご紹介していきます。
「Amazon出品者の悪い評価の消し方と削除依頼の手順」の続きを読む…