せどりとは? 初心者のための全体概要

せどりを始めるにあたって、
せどりとは?どういうものか
知っていないと、

せどりのイメージそのものが
沸かないものです。

こちらではせどりとは?
の基礎的な部分から、

せどりの全体概要までを
簡単にまとめてみました。

 

こんにちは、キタジョーです。

せどりってリサーチから仕入れ、
発送・梱包など色々やることがあって、
よくわからないって方が
いまだ多いのも事実です。

これからせどりを始めるにあたって
こちらで基礎的なことを学んで、

いざせどりする時のために
しっかり備えておきましょう!

 

「せどり」とは

 

せどりとは、またの名を転売と言い、
販売するプラットホームの現在の
ネット価格と比較して、

実店舗やネット上で安く買ってAmazon等で
高く売ることを指します。

 

せどり(競取り)と呼ばれる商人達が
生まれた江戸時代では、
今のような画期的なアイテムがあるはずもなく、

すべての商品知識と商品形状を覚えた上で、
確実に高く売れるという保証のない中で
せどりが行われてきましたが、

 

現代ではスマートフォンや携帯電話、
パソコンを使って、
現在のネット価格を確認しながら、
ネットよりも高いのか?安いのか?を

誰でも簡単に調べてしっかり見込み利益を
計算した上で仕入れすることが可能な
ビジネスモデルとして成り立っています。

ゲームソフト大量

本業・副業問わず、個人が起業する上で
比較的成功しやすいビジネスとして
多くの方々が実践し、

せどりビジネスだけで生活している方も
かなり多くいらっしゃいます。

 

一般的に起業や稼ぐというと、
何かしらの知識や経験が必要とされますが、

せどりはネット上の価格間と店舗の価格差を
見るだけで成り立つビジネスなので、

主婦の方や学生の方のお小遣い稼ぎの
手段としても広く用いられています。

 

 

せどり「プラットホーム」としてのAmazon

 

先に挙げた販売先となるプラットホームですが、
せどりした商品の販売先として主使われている
代表的なプラットホームとして、
Amazonが挙げられます。

Amazonは他のネットショップよりも手数料が
少々高めですが、
ヤフオクとは違い出品の手間が少なく、

FBAというAmazon独自の配送システムを
個人・法人問わず登録するだけで使えるため、
せどりした商品を販売する先としてメリットが
大きいといわれています。

FBA概要

ただしFBA使用料として、
月額登録料と在庫保管料が固定費として
かかるため、
月間商品販売数が50個を満たない場合は、

商品売買成約ごとにご自身で梱包・発送する
自己発送を選ぶことで、
手数料分を利益とすることができます。

その反面、作業量は増えますが、
手数料に利益が削られないため、
利幅の少ない薄利な商品でも利益を
出すことができます。

 

FBAに関する詳しい内容はこちら

AmazonせどりのFBAとは?その手数料について

せどりにおけるAmazon FBAのメリットとデメリット

 

ネット間と店舗との価格差を調べるための「モノレート」

 

ここからはせどりした商品の販売先をAmazonに
限定してお話していきます。

Aamzonとネットショップ&実店舗との価格差を
調べるために、
一つ必ず使わなければならないサイトがあります。

そのサイトを「モノレート」といいます。

こちらがモノレートのトップページになります。
モノレート概要

PCサイト・スマホサイトの両方からアクセス可能で、
登録不要で無料でお使いいただけます。

スマホやタブレット用にアプリはないので、
パソコンと同じくモノレートのサイトに
直接アクセスして使います。

 

このモノレートでは、
現在のAmazon相場はいくらなのか?

商品ごとに期間別で何個売れているか?
見ることができます。

この確認作業をしなければ、
ただのギャンブル投資となり、
結果として利益を出すことができません。

 

せどりにおいて一番の要となる部分は、
このモノレートの見方や商品の売れ具合を
どう判断するか?によって、

せどりで大きく結果を残せるか否かが
変わってくるのです。

→ネットと店舗の価格差の調べ方に関する内容はこちら モノレートの使い方とは?

 

 

そもそもなぜ店舗価格とネット価格は違うのか?

 

普段買い物をしているだけでは
なかなか気付きづらいのですが、

店舗とネットでは常に価格差が
発生しています。

特に中古商品になると、
その差が顕著に現れます。

 

その理由としては、
店舗はあくまでも地域性を重視しており、
購入するお客様の層や数によって、

ネット価格より安くしなければ
モノがなかなか売れないという
事実があります。

 

例えば周囲が山々に囲まれた土地の
小さな街では、

若者層が少なく比較的若者が多く購入
するであろうパソコンやオーディオ機器の
価格が高いとどうなるでしょうか?

どう考えても売れませんよね?

 

ただでさえ店舗とネット上で同じ価格では
売れないのに加え、
地域性から見ても商品自体の回転率が
低いため、

安くせざるを得ないと考えるのがお店側の
思考だったりします。

 

特に家電系になるとその傾向が強くなり、
都会では8,000円も出さないと
買えないものが、
地方では3,000円で買えたりすることが
多々あります。

店舗画像1

地域性からして売れづらいモノは
安くして目立たせて、
ターゲットとなる少ない若者層にでも響く
価格設定にしていたりするので、

店舗とネットの価格差が生まれる一つの
理由でもあるのです。

 

またお店にとって売れないモノは
不動在庫となり、
目に見えないコストもかかってくるため、
安くしてでも売りたいという考えが
常にあります。

そういったスキマを突いていくのが
せどりというビジネスの要であり、
実際に店舗とネットで価格差のある商品は
探しきれないほどたくさんあるものなんです。

 

ただし全国展開のチェーン店でもお店ごとに
バラバラの価格設定で販売している
お店もあれば、

全国どこに行っても同じ価格で販売している
お店もあるので一概に地域性は語れませんが、

事実としてそういうお店の裏事情をお店の
店長さんや社員さんから聞くこともあるので、
皆さまにお伝えしました。

 

店舗せどりの特徴や立ち回り方に関する内容はこちら

メディアせどり解体新書 実店舗編

リサイクルショップ解体新書 実店舗編

新品商品せどり解体新書 実店舗編

 

ネット→ネットでも販売するプラットホームによって価格差がある

 

ではネットで仕入れてネットで売ることは
出来ないのか?というとそうではありません。

店舗から仕入れするよりは若干利益が
薄くなる傾向にありますが、
むしろ副業でせどりを実践している方は
こちらで成果を多く出していますし、

時間効率を重視したビジネスモデルに
従事している方は、
ネットから安く仕入れて、ネットで高く売って
利益を上げています。

 

このネットから安く仕入れて、
ネットで高く売ることを

「電脳せどり」や「ネットせどり」と
呼ばれています。

一般的には前者の「電脳せどり」が
主立って使われています。

電脳イメージ

ただしこの電脳せどりは、
ネットを見ているすべての人が
ライバルとなるため、
少々難しく根気のいるせどり手法になります。

また一度設定しただけでネット上のショップ間の
価格差と在庫を自動で調べてくれる、
せどりツールと呼ばれるものが
多用されているため、

以前よりはやや仕入れづらいといった
印象があります。

 

それであってもせどりをする人やツールの全員が
同じサイトやショップを見るわけではないので、
そこにスキマができて入荷したタイミングに
よって仕入れが可能となり、

今でも大きく成果を出すことは充分に
可能といえます。

→電脳せどりのやり方に関する詳しい内容はこちら

→せどりツールに関する詳しい内容はこちら

 

 

実際にせどり仕入れしたら、このように稼げます!

 

こちらの商品ですが、みなさんの知っている
レンタルショップGEOで見つけた中古DVDです。

商品1

現在レシートがないので後日お見せしますが、
確かにゲオで仕入れた商品です。

仕入れた商品単価は少々高めの¥10,584円で、
実際に売れたのが… ↓
商品ペイメント1

¥23,490円で売れているのがわかりますね!

DVDは販売手数料が少々高いので
トータル¥4,000円ちょい引かれた金額が¥19,361円

そこから仕入れ単価¥10,584円とFBA発送するまでの
送料や梱包にかかる費用を150円と計算して差し引いても、
¥8,627円の利益となることが分かります。

利益率36%、せどりとしては合格ですね!
このような商品がいまだにゴロゴロあるのです。

 

利益率を計算するには、
「FBA料金シミュレーター」という利益率や経費を割り出せる
サイトが一般的に使われていますが、

僕がオススメするのは、
こちらの「Amafee」というサイトです。

amafee概要

前者は入力項目が多く手間がかかるので、
僕は簡単で直感的に使えるAmafeeを使っています。

 

Amafeeの詳しい使い方はこちらに記載しています

Amafeeの使い方をマスターしてせどり仕入れに活かそう

 

以上がせどりとは?の簡単な概要でした。

各項目ごとに詳しい説明をしているので、

良かったらそちらも見て参考にしてくださいね♪

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2件のコメント

  • 画像入りの細かな説明のおかげで、
    とても理解しながら読み進めることができました。

    都心と地方での価格差は、
    上手く利用できれば大きな利益につながりそうですね。

    こういった知識はなければ使えないと思いますので、
    とても参考になりました。

    • キタジョー

      吉川さん

      ありがとうございます!

      教材にせどりの知識は一通り書いてあると思われがちですが、
      こういった細かい部分については書かれていないことが多く、

      ブログで教材を超えるぞ!という想いから
      テクニカル的なことからリアルにやっていないとわからない
      箇所を含め、小出しに公開しています♪

コメントを残す