リサイクルショップせどり解体新書 実店舗編

せどりできる店舗について
書いていたのですが、

新品・中古の本・CD・DVD・ゲームの
置いてある店舗だけで
相当長くなってしまったので、

店舗ジャンルごとに
分けることにしました。

こちらはせどりができる
リサイクルショップについて
まとめました!

 

こんにちは、キタジョーです。

今現在、
僕のせどりメインとなっているのが
リサイクルショップだったりします。

メディア系よりも目利きが
必要とされますが、

そのハードルをクリアできたら
稼げる幅もグンと上がりますよ!

それでは早速いってみましょう。

 

ハードオフ

 

いわずと知れたリサイクルショップの
大御所ハードオフ。

お店に置いてあるものほとんどが
せどり可能なため、
リサイクルショップせどりを
得意としている方は、

ハードオフだけでも他のせどらーさんを
圧倒する利益を確保できます。

 

商品はすべて中古ですが、
たまに未使用品が眠っていることも
あります。

取扱ジャンルは、ゲーム・CD・DVD・
レコード・ビデオなどのメディア系から、

楽器やパソコン関連、
デジカメ・オーディオ機器、
黒物家電が大半を占めます。

 

店舗によっては、
オフハウスやホビーオフなどとの
複合店になっていたり、

本来オフハウスやホビーオフが
取扱っている、
白物家電やおもちゃなども取り扱う
ハードオフも存在します。

 

ジャンク品は非常にハードルが
高いですが、
ここを目利きでせどりできるように
なったら、
かなりの利益を得ることができます。

 

オフハウス

 

ハードオフが黒物家電メインなら、
こちらは白物家電や服飾、
ベビー用品や家具、
キッチン用品がメインとなります。

時折ハードオフで取り扱っている
黒物家電が置いてあるオフハウスも
ありますが、
基本は上記の商品ジャンルが
メインとなります。

 

またそのような商品は、
ハードオフよりも値付けが甘いですが、
黒物系の商品数は少ないです。

ハードオフ同様に未使用品もあり、
商品の特質上こちらの方が多い
傾向にあります。

白物家電は基本大型になることが多く、
手数料計算を間違うと利益が下がるので、
しっかり利益計算して仕入れましょう。

 

ホビーオフ

 

中古のおもちゃやフィギュア、
年代物ゲーム・トレカ、
プラモデルやぬいぐるみなどを
扱っているのがホビーオフです。

フィギュアは若干値付けが厳しく、
おもちゃは店舗によりけりで
安いところと高いところで差があり、
プラモデルは高めに思えます。

 

僕自身はぬいぐるみやトレカは、
ほとんどせどりしないので未知数です。

おもちゃは中のパーツが欠品していると
安く出品してもなかなか売れないので、
仕入れの際はしっかり中のパーツチェックを
してから仕入れるようにしましょう。

 

ガレージオフ

 

全国的に店舗数は少ないカー用品専門の
ハードオフといったところでしょうか。

基本的にはハードオフでもカー用品を
取扱いしていますが、
ガレージオフはさらにカー用品に
特化しています。

 

中にはAmazonではなくヤフオクでないと
売れないものが多くありますが、
ナビやカーオディオ・車用のスピーカー、
ドライブレコーダーやヘッドライトの球など、

元々新品定価が高い商品が多いだけあって、
中古と言えども高利益商品の期待ができます。

 

コンプオフ

 

北陸で展開しているハードオフ・
オフハウス・ホビーオフが一つになった
リサイクルショップです。

一度しか訪れた記憶しかないので
少々リアルさに欠けてしまいますが、
ここではゲーム機を数台仕入れた
ことがあるため、

価格帯はハードオフに非常に近いもので、
高い中にもお宝商品があるといった
具合です。

こちらは再度調査したいと思います。

 

セカンドストリート

 

ゲオグループのリサイクルショップで、
ハードオフに次ぐ店舗数を誇っている
セカンドストリート。

ハードオフほどマニアックな商品が
多くないですが、
こちらはハードオフ・オフハウス・
ホビーオフが一つになった
総合リサイクルショップなので、

一度にあらゆるジャンルの商品を
リサーチして仕入れることができます。

 

税別表記になってから値ごろ感は
減りましたが、
店舗ごとに価格設定が違うため、
同じ商品でも仕入れできるできないが
出てきます。

一部でDVDやゲームも取り扱っていますが、
ほぼ仕入れができません。

まれに投売り価格の商品もあります。

 

ワンダーレックス

 

関東圏を主軸として店舗展開している
ワンダーレックスですが、
ここはかなり価格設定が厳しいです。

しかしセールがあれば、
全品20%と破格で仕入れができる
ことも過去にありました。

取扱い商品はハードオフグループを
一つにした感じで、
仕入れそのものの選択肢は幅広いです。

 

トレジャーファクトリー

 

関東圏と関西の一部で展開している、
リサイクルショップです。

ハードオフやセカンドストリートから
見るとやや見劣りしてしまいますが、
品揃えはそこそこあります。

全体的に高め設定のため一見厳しさを
感じますが、
ジャンルによっては仕入れが可能な
商品もちらほらあります。

 

オーディン

 

東北で展開しているオーディンですが、
エコ市場も同グループとなります。

ブックオフと隣接している店舗も
多く見られます。

雰囲気としては、
トレジャーファクトリーに近いですが、
店舗によっては物品が多いです。

 

あらゆるジャンルを調べると、
何かしら利益の出せるものがあり、
キリの良い金額なのに税込価格
というところも好待遇です。

ただし店内がゴチャゴチャしている
感じもあります。

 

セカンチャンス

 

岩手県にあるリサイクルショップですが、
とにかく相場が高いという印象です。

基本的にAmazon相場以上か同程度に
なりますので、
せどり仕入れにはかなり厳しい様子が
伺えました。

商品展開は他のリサイクルショップに
申し分なく、
メディア系から幅広い家電系、
キッチン用品・おもちゃ・服飾品と
ひと通り網羅してます。

一度簡単にリサーチしただけなので、
行く機会があればもっとリサーチします。

 

あいうえお

 

北海道の道東で展開している店舗で、
一部でトレジャー王国という店舗名で
営業しています。

基本的に価格設定が高くて買えない
商品が多いのですが、
一部欠品や動作未チェックで
安い商品がたまにあります。

取扱い商品はハードオフや
セカンドストリートと同じですが、
特に工具の多さに目が惹きます。

 

ビックバン

 

こちらも北海道で展開されている
リサイクルショップで、
ハードオフとセカンドストリートと
同様な品揃えです。

基本的に全体として高めなのですが、
どういうわけか安い物と極端に安い物が
混在しているので、
動作に不安はありますが高い利益率を
誇る商品があると魅力的です。

 

パソコン工房

 

新品パソコン関連商品をメインと
していますが、
中古品もそれなりのラインナップが
あります。

少々専門的な知識と目利きが必要と
なる兼ね合いで難しくもあります。

しっかりリサーチしないと、
JAN違い商品を仕入れてしまうことに
なり兼ねないので、
初心者の方にはあまりオススメしません。

 

新品・中古問わず商品ごとに目玉を
つけているので、
セール商品は比較的仕入れ対象と
なりやすい傾向にあります。

動作に関しては、
大手リサイクルショップよりも
信頼性が高いです。

 

DonDon!!

 

北海道の道北をメインとした
リサイクルショップで、
ひと通りの商品があります。

店内は少々ゴチャゴチャ
していますが、
しっかりリサーチすれば
何かしら仕入れることができます。

ただしおもちゃやフィギュア系は
かなり強気価格なので、
あまりリサーチする価値は
感じられません。

ドッカン利益よりも中利益が
狙えるといった感じでしょうか。

 

創庫生活館

 

マネーの虎で出演していたおなじみ
生活創庫の堀之内九一郎が率いる
リサイクルショップ。

一般的なリサイクルショップとは
毛色が違い、
生活に必要な日用品の類いが多く、
家電などの商品は少ないです。

それでいてそこまで安くないので、
イマイチ仕入れしづらいチェーン店
となります。

まだ調査期間が短いので、
再度リサーチして追って報告します。

 

まんだらけ

 

アニメ系グッズが充実した全国展開している
中古ショップですが、
同時にメディア系とおもちゃの在庫が
非常にたくさんあります。

ただし値付けに関して言えば
Amazon価格を意識しており、
厳しい感はあります。

地方の店舗でもCDやゲームの未開封品が
狙えるのは大きなメリットですし、
古いハードのゲームソフトも充実しており、
ホビーオフなどとは違った仕入れの楽しさが
あります。

未開封品で大きな利益が出せるのが、
まんだらけでせどりするメリットの一つと
なるでしょう。

 

お宝倉庫・万代・鑑定団など(お宝〇〇系)

 

あまりにも数多くの似たような
店舗名がひしめくお宝〇〇系の店舗。

どの店舗もグループ店もメディア系から、
家電・楽器・おもちゃ・スポーツ用品まで
幅広い商品展開があります。

店舗によって価格が全然違い、
Amazon価格で売っている店舗もあれば、
一部商品が投売り価格で売っている
お店もあって、
相場は店舗単一で考えるべきです。

どの店舗も共通している点では、
おもちゃやフィギュアは総じて
辛めの価格付けです。

メディア系も最近その傾向が
強くなってきています。

とにかく店舗内がゴチャゴチャ
しているので、
見逃しのないように回ることも
コツの一つです。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す