せどりで仕入れた商品をAmazonに出品登録する方法と手順

せどりでそれなりにまとまった仕入れができたら、
次にやることはAmazonに出品登録をしていきます。

Amazonに出品したことがない方にとっては、
慣れるまで少々ややこしい部分があるかもしれません。

初心者の方が使う項目とそうでないものなど、
その辺りも詳しく手順に沿って実践しやすいように
必須項目に絞って解説しています。

出品登録をやらないとせどりで1円も稼げません。

仕入れとは違い地味な作業になりますが、
気合いを入れて取り組んでいきましょう。

 

こんにちは、キタジョーです。

 

せどりしたらAmazonに出品登録するのって、
実はせどり上級者でも毎回テンションが上がらず
仕入れた商品をそのまま放置することってあります。

しかしそのまま商品を眠らせてもお金になりませんので、
仕入れから帰ってきたらできるだけ出品登録を
済ませるようにすると1日でも早くキャッシュ化できます。

 

それではAmazonの出品登録方法について
手順に沿って解説していきます。

手順ごとに要点もまとめてますので、
そちらもぜひ参考にしてください。

 

Amazonの出品登録方法とその手順

 

①Amazon.co.jpにアクセスして「アカウントサービス」をクリックします

商品登録1-1

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

②続いて「出品用アカウント」をクリックします

商品登録1-2

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

③セラーセントラルが開いたら上のメニューバーより
「在庫」>「商品登録」をクリックします

商品登録1-3

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

④「商品登録」の画面が開きます

商品登録1-4

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

⑤「商品を新規に登録する」にカーソルを合わせ、
JANコードもしくは商品型番・商品のキーワードを入れます

商品登録1-5

今回はこちらのゲームソフトのJANコードを入力しました。

商品登録1-8

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

⑥下記のカタログと出品したい商品が一致したので、
「出品ボタン」をクリックします

商品登録1-6

JANコードを入力していれば早々ありませんが、
商品型番や商品キーワードを入力すると複数のカタログが
出てくる場合があります。

その際は該当する商品がどれなのかよくチェックしてから
出品登録するようにしましょう。

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

⑦下記の出品登録画面が開きました

商品登録1-7
商品登録1-7.2

こちらの記載事項について詳しく説明していきます。

 

まず赤丸のコンディションを中古のいずれかを選択すると、
青枠の出品する商品の画像が掲載できるようになります。

商品登録1-7.3

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

⑧「出品情報」を記載します

商品登録1-9
商品登録1-9.3

各項目ごとに説明していきます。

 

1.出品者SKU

 

こちらは自社の商品管理番号になります。

例えばこちらに商品を仕入れした日付けや
仕入れ単価などを記載すると、

商品が売れた時に利益計算がしやすくなったり、
いつ仕入れたものか?
どのくらいの期間で売れたか?
などが把握しやすくなります。

また自己発送をされている場合は、
予め割り振った棚番号や位置などを記載するなどの
使い方もあります。

 

2.コンディション

 

出品する商品のコンディションとなります。

新品なのか?中古なのか?
全部で5段階に分けられます。

・新品
・中古-ほぼ新品
・中古-非常に良い
・中古-良い
・中古-可

 

例えば中古でもその商品を4段階に分けると、
ほとんど未使用に近いのか?
中古としてはキズが目立たず綺麗なのか?
中古として相応でやや使用感があるのか?
一部欠品しており日焼けなどした商品なのか?

等から商品コンディションを判断します。

 

中古の査定のしかたは個人の基準や感覚で
それぞれに違いがありますが、
広く一般的にはこのようになります。

・ほとんど未使用に近い  →中古-ほぼ新品
・中古としてはキズが目立たず綺麗  →中古-非常に良い
・中古として相応でやや使用感がある  →中古-良い
・一部欠品しており日焼けなどした商品  →中古-可

 

新品は未使用かつ未開封であることが
必須条件となります。

一度開封した形跡のあるものや外箱が大きく痛んだもの、
シュリンク破れしているものを新品で出品すると、
クレーム返品を受けたり悪い評価を付けられたりします。

 

3.コンディション説明 (出品コメント)

 

こちらに関しては別項の「せどりした商品の出品コメントを丁寧に書く」で
詳しく触れておりますので、
こちらの記事を参考にしていただければと思います。

せどりした商品の出品コメントを丁寧に書く

 

4.出品商品画像 (SKU画像) ※任意

 

商品登録1-8

出品写真はこちらの写真を使うことにします。

 

中古商品の場合、商品画像を掲載することができますが、
掲載するしないは自由選択となります。

特に付属品が揃っている場合や目立ったキズなどを
購入者に見てもらいたい時に使います。

 

画像によってメリットもデメリットも打ち出せるので、
付属品が揃った状態で綺麗な商品をアピールして
販売促進に繋げることも、

キズや欠品などを画像から判断できるように
予め難ありを理解させて販売すると、
クレーム率を下げたり悪い評価を付けられないように
配慮することにも繋がります。

 

5.販売価格

 

自己発送かFBAかによって値付けが少々変わってきますが、
詳しくは別項の「Amazonせどりの価格設定と価格改定のやり方」に
記載してますので、こちらを参考にしてください。

Amazonせどりの価格設定と価格改定のやり方

 

6.Amazonポイント ※任意

 

現在Amazonではポイント制度を導入され、
購入者へのリピート購入を促進しています。

こちらも任意となりますが、
まだまだポイントを付けるメリットがあまり感じられないので、
現時点ではスルーしても良いです。

そもそもAmazonで購入する人の思考って
他のネットショップよりも1円でも安く買いたい一心で
Amazonで買い物をする傾向が強いので、
こちらはシステムと需要が整い次第追記します。

 

7.在庫数

 

出品したい在庫数を入力します。

こちらはいつでも修正できるので
間違っても支障はありません。

 

8.ギフトオプション

 

大口出品のみ使用できる項目となります。

ギフト梱包やメッセージを無料のオプションとして
選択することができます。

今回は中古商品のためギフトオプションを選択しませんが、
新品商品の場合はチェックマークに印を入れてください。

 

9.支払方法のオプション (コンビニ決済)

 

Amazonよりコンビニ決済の権限を取得すると、
選択が可能になります。

もし選択が可能であればチェックマークに印を入れてください。

近年ではコンビニ決済する購入者が増えているので、
売上の伸びに直結します。

 

※その他、説明しなかった項目については、
特段記載しなくても商品を出品する分には問題ありません。

もし必要であると感じましたら、後日追記いたします。

 

以上1~9までの項目に記入ないしチェックを入れましたら、
「保存して終了」をクリックします。

 

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

⑨出品されていることを確認して終了となります

商品登録1-10

 

以上で1つの商品の出品が終了します。

現在では出品ツールなどでもっと簡素化して
出品できるシステムもありますが、
出品の基本形はこのようにやりますので
まずはこちらを覚えて実際に出品してみてくださいね♪

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す