モノレートの使い方をマスターしてせどりをしよう

せどりリサーチをする上でなくては
ならないツールがあります。

これがないとまともな仕入れは
できないと思って頂いて結構と
言い切れるほど、
せどりにおいて重要視されている
ツールがあります。

そのツールをモノレートといいます。

こちらの使い方なくしてせどりで
効率よく稼ぐのは不可能ですので、
このモノレートをぜひマスターして
せどりでガンガン利益を上げてくださいね!

 

こんにちは、キタジョーです。

せどりにモノレートなくして
稼げないと言い切って過言では
ないくらい、
現在のせどりではモノレート
依存せざるを得なくなりました。

 

まだモノレートというサービスが
なかった時代は、
Amazonのサイトから商品を探して
直近のランキングとレビュー数から、
仕入れるという2つの指標のみを
見て仕入れていました。

当然そのやり方では穴が多く、
高利益が出せると仕入れたものの
通常の状態ではものすごく相場が
安かったり、

ランキングと売れ行きが合ってない
なんてこともあって、
売れない商品として1年以上
寝かしたなんてこともありました。

 

しかし現在ではモノレートという、
しかも無料で使えるサイトがあるので、
幾分仕入れに失敗しづらくなりました。

ただこのモノレートの普及によって、
せどりの敷居が一気に下がったため、
現在はせどらーが大幅に増えた
傾向にありますが、
せどりそのものは非常に簡単になりました。

 

今回このモノレートの使い方を
せどり実践レベルで使えるように
お伝えしていきます。

 

モノレートせどりリサーチに使う理由

虫眼鏡1

 

商品を仕入れようとする際に
現在のAmazon相場や最安値を
確認することは聞かれなくても
やるでしょうが、

その仕入れから確実に利益を
出そうとすると、
今現在の価格で売れているのか?
を分析する必要があります。

この確認をすることによって、
赤字リスクを最大限下げて
安定利益を狙って仕入れに
踏み切れるのです。

 

そのために主に次の3つを調べる
必要性があります。

現在の

①新品・中古の最安値価格はいくらか?

②月(年)にいくつ売れているか?

③ライバル(出品者数)は何人いるか?

 

この3つの情報をもとに、

■出品したらすぐ売れる商品なのか?

■長期スパンで売れる商品なのか?

■売れるスパンから何個仕入れるべきか?

■FBAで相場より高く売れないのか?

■ライバルが増えて値下がりしないか?

を主に分析して仕入れしていきます。

 

結論を言いますと、
なるべく黒字で売り切るために、
モノレートでのリサーチが必須
なるわけです。

 

モノレートの見方・使い方

 

こちらがモノレートというサイトになります。

モノレート(無料サイト)
http://mnrate.com/

 

まずはモノレートのページをご覧ください。

モノレート 1

モノレート 1-2

2ページに渡っていますが、
パソコンやスマホでは縦長の
1ページ構成となっています。

 

では上から順にご説明していきます。

モノレート1-3

こちらがモノレートのトップページです。

赤丸①でカテゴリーを選択できます。
実用ではあまり使いません。

赤丸②の窓には商品名や商品の型番、
JANコードを入れて検索をかけます。

赤丸③で該当商品のリサーチを
開始します。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

今回は下記の商品を検索してみましょう。

amazon商品1 amazon商品1-3

Amazonのゲームカテゴリーは
JANコードの記載がないため、

検索のかけ方は、
キーワードとして「Wii メタルスラッグ」か
赤丸のASINコード「B000YRR8NQ」を
検索窓に入れます。

 

※補足

JANコードがある時は、
JANコード検索で問題ありません。

JANコードが未登録の商品に関しては、
商品型番や上記のようなキーワード
検索で調べていきます。

 

今回はASINコードがあるので、
検索窓に赤丸④のように入れて
リサーチ開始します。

amazon商品1-4

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

すると下記のページに切り替わります。

モノレート1-5

青丸をクリックすると
Amazonの新品ページへ、
緑丸をクリックすると
Amazonの中古ページへ、
それぞれ飛びます。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

今回は緑丸をクリックして、
中古を相場を調べます。

amazon0219-1

ここでライバルとなる出品者の詳細や
商品コンディション毎の相場を
確認することができます。

 

次に全体の中段にある
最安値・出品者数・ランキングに
伴うグラフの部分になります。

モノレート1-7

現在は3か月間を1期間として
表示していますが、
期間のところの赤丸をクリックすると、
期間が変わります。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

期間を12ヶ月間に変更すると、
このようになります。

モノレート1-8

最安値・出品者数・ランキングともに、
12ヶ月間のデータに変わりました。

回転の早い商品は3か月スパンの
リサーチで問題ありませんが、

ロングテール商品を扱う場合は、
6ヶ月間や12ヶ月間のデータを見て
いつ売れるのかをおおよそ
知ることができます。

 

グラフですが、
上段の新品の最安値は緑ライン
中古の最安値は橙ラインです。

中段の緑帯は新品の出品者数、
橙帯は中古の出品者数です。

下段のギザギザを描いている
水色のラインランキングの変動です。

 

このラインの谷の部分が
ランキングが一気に上昇した部分、

つまりランキングが上がった=売れた
と見ることができます。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

モノレート1-9

分かりやすく3か月スパンの
ランキング変動ラインに
オレンジ丸を付けました。

この部分で上の商品が売れた
ということになります。

こちらの商品はオレンジ丸の数から
3か月間で10個前後売れた
推測できます。

 

ただし実際には返品などもあるため、
あくまでも推測になります。

またこのランキング変動ラインが
谷を形成していないのに、
実際は売れていることもあるため、
このランキング変動が絶対では
ありませんが、
一つの指標となります。

 

モノレートの下段には、
新品と中古それぞれの出品者の
増減が数字として明確に見れる
表となります。

モノレート1-10

モノレートの中段にある出品者数の
変動グラフからでは、
新品・中古のどちらが売れて
ランキングが跳ね上がったのか
定かではありません。

しかし下段の表を見るとどちらが
売れたのかが明確になります。

 

それぞれの青枠の1日前の
中古出品者数を見ると一目瞭然です。

ランキング上昇とともに両方とも
16から15に減っていることが分かります。

なのでこの場合は、
中古が売れたと考えて良いでしょう。

 

またランキング変動していないのに
出品者数が減ったときは
出品者が出品を取り消した、

もしくはAmazonランキング
変動がないものの、
実際には売れているか
どちらかになります。

一方出品者数が増えた時は
新たな出品がされた、

もしくは返品されたFBA商品が
戻ってきた、
この2つの理由が考えられます。

 

こちらも期間を変えると、
選択したスパンの出品者数の
増減を見ることができます。

矢印赤50-2   矢印赤50-2   矢印赤50-2

モノレート1-11

 

上記の商品に話を戻しますと、

モノレート1-12

現在の新品・中古の最安値は
赤枠のとおりですので、
この金額以下でかつ価格差があって、
利幅が見込めれば仕入れ対象と
見ることができます。

 

仮にこちらの商品を中古4,580円で
仕入れたとします。

6,980円の最安値に合わせて売るとして
Amafeeで利益計算をすると、
1,125円の利益が見込めます。

 

ここにFBA出品の条件をプラスさせると、
見た目の最安値は自己発送出品者の
ことが多く、
FBA最安値を想定するとさらに利益が
取れることも考えられます。

その場合においては、
以前書いた記事
Amazonせどりの価格設定と価格改定のやり方」で
解説していますので、
こちらをご覧ください。

 

パッド1

またスマホでモノレートを使う場合
アプリなどはありませんので、
お使いのスマホのホーム画面か
ブックマークに保存してお使いください。

 

以上、モノレートの見方と使い方を
兼ねてご説明しました。

中には説明していないタブなどが
ありましたが、
上記で説明した部分だけで、
ほぼモノレートを使いこなしている
ことになりますので、
あまり使わない部分に関しては
割愛させていただきました。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2件のコメント

  • ひゅー

    参考になりました!有り難う御座いました。

    • キタジョー

      ひゅーさん

      コメントありがとうございます!

      こちらこそお役に立てて良かったです。
      これからせどりを頑張っていきましょう^o^

コメントを残す