Amazonせどりの価格設定と価格改定のやり方

せどりして仕入れた商品を
回転良く販売していくには、
それに見合った価格設定と
価格改定が非常に重要となります。

Amazonでは1ページごとに出品者が
連なっており、
その中で常に出品者同士による
価格競争がおこなわれています。

Googleの検索結果と同じように、
できるだけあなたのショップが
1ページ以内に収まっていなければ、
商品が回転良く売れていきません。

超重要な価格改定と価格設定
ついてお話していきます。

 

こんにちは、キタジョーです。

以前「せどり初心者Q&A せどりに使う1日の時間は?
こちらの記事で少し価格改定に
ついて触れましたが、

今回はさらに一歩踏み込んで、
価格設定と価格改定のやり方に
ついて学んでいきましょう!

 

Amazon価格設定価格改定とは?

ハテナ1

念のため前回のおさらいということで、
サラッと復習したいと思います。

 

まず価格設定とは、
出品時につける価格を設定する
ことになります。

価格改定とは、
価格設定した商品が他の出品者の
価格に埋もれないように、
調整することを意味します。

似て非なるものなので、
混同しないようにご注意くださいね。

 

価格設定と価格改定は、
仕入れた商品をいくらで販売するか
決める重要な役割があります。

Amazonのサイトの構成上、
特別な場合を除き1ページ目に
収まるように価格改定が必要になります。

なぜなら多くの購入者さんは、
できるだけ良いものを安く買いたいと
思っていますので、

一つでも上に表示されているショップに
目がいきやすく、
そのまま購入するケースが多いのです。

 

中には出品者の評価を見て、
多少価格が高くても良い評価を
得ている出品者を選んで
買う場合もありますが、

商品回転率を良くしようと思うのなら、
少しでも他の出品者より安くすることで
より購入率がアップします。

 

本来であれば激しい価格改定は
オススメできませんが、
せどりを始めた方のアカウントは
評価がとても少ないので、

安さでアピールしていくことが
手っ取り早く稼げて、
早く評価を貯めていくことに
繋がるのです。

 

価格改定におけるデメリットは?

考える女性1

価格改定をするということは、
仕入れた段階で計画を立てた
利益を削ることを意味しています。

本来であれば最初に値付けした
価格ですんなり売れれば良いですが、
Amazonには多数の出品者がいるため、

そのように上手くいくことは少ない、
すなわち価格改定が必須であると
いうことです。

 

もし価格改定をしないまたは怠ると、
仮にあなたが最安値で出品していた
としてもいつの間には同じ価格を
つける出品者や、

商品コンディションが違う商品を持つ
出品者がさらに安い価格をつけて
販売していることに気付かず、

商品によってはそのうち相場が
崩れてしまい、
全体的にかなり安くなってしまう
こともあるため、
その回避として価格改定をしなければ
なりません。

 

もちろん時には相場が崩れて、
赤字販売をする勇気を持たなければ
ならない時もありますが、

しっかり価格改定をしていれば、
赤字販売しなくて済むレベルで
売り切ることもできます。

 

価格改定で当初の仕入れ時の
想定利益からは安くなりますことが
デメリットに感じますが、

価格改定をすることで赤字販売を
免れることも多くあるため、
メリットとして捕らえることもできます。

 

価格改定と価格設定の実践例

 

では実際にある商品を例にとって、
価格改定のやり方について
お話していきます。

また下記は商品仕入れ時の
価格設定の方法としても使えるように
説明しています。

 

実例①

価格改定2

こちらの商品はかなりレッドオーシャンと
なって出品者が群がっておりますが、
このままではなかなか回転良く商品を
売ることができません。

こういった時にも躊躇せず価格改定を
おこなっていきます。

 

せどりを始めたばかりのあなたの
アカウント評価数は少ない状態ですから、
上の画像にある最安値よりもさらに
1円以上安くして目立たせます。

矢印赤50-2     矢印赤50-2     矢印赤50-2

価格改定2-1

 

一度の価格改定においての差額幅は、
1~10円前後で良いでしょう。

ただし10円といえども1日に数回
価格改定してしまっては、
ライバルの押し合いも一層激しくなり
しまいには赤字になってしまうケースも
可能性としてあるため、

毎日価格改定する場合は、
1~2円程度他の出品者よりも安くし、
週1回程度の価格改定であれば
10円程度の差額をつけておくのが、

価格破壊をできるだけ少なくした
価格改定のやり方になります。

 

価格設定の考え方も、
価格改定と同じ要領になります。

実例①では上位すべてが
FBA商品なので、
一番上の最安値よりも安くします。

またFBA出品者の最安値より
商品コンディションが「可」などで
良くない場合は、

10円以上の差額を付けて
販売していくことも視野に入れると
より売れやすくなります。

 

実例②

価格改定3

実例①よりも少々難しくなりました。

あなたが持っている商品の
コンディションが「良い」、
そしてFBA商品という条件を
盛り込んで考えてみましょう!

 

最安値がFBA商品でコンディションが
「可」となる出品者で、
コンディションが「良い」の
出品者が自己発送で、
4,280円+340円(送料)=4,620円が
「良い」の最安値になります。

 

ここで一つポイントがあります。

あなたの商品はコンディションが
「良い」でFBA商品という好条件が
ありますので、

この場合の価格の付け方として、
「良い」の最安値出品者に
価格を合わせる必要性がないという
ことがポイントとなります。

 

なぜならFBA商品はプライム発送なので、
お急ぎ便+コンビニ決済等が購入者に
とって可能となりますので、

自己発送と比べて少々価格が高くても
売れやすいという観点から、
あなたの商品は他のコンディション「良い」の
FBA出品者に合わせるか、
少し差額をつけるのがベスト
価格改定となります。

 

ですのであなたの商品につけるべき
価格は以下のようになります。

矢印赤50-2     矢印赤50-2     矢印赤50-2

価格改定3-1

 

このようにあくまでもこちらが
FBA商品であれば、
他のFBA商品の同等の商品
コンディションが同じ出品者に
合わせるもしくは少々差額を
つけるように価格改定します。

同様に自己発送なら自己発送
している出品者と同じ
商品コンディションに合わせ、

商品コンディションが「可」なら
同じ「可」の中で、
自己発送なら自己発送出品者と合わせ、
FBAならFBA出品者と合わせる
もしくは差額をつけます。

 

価格設定も上記の価格改定の考え方と
同様と考えてもらって結構です。

 

今回、価格設定と価格改定の説明が
ほぼ同様な考え方と実践になるので、
あえて一つにしてお伝えしました。

 

もう一度おさらいしますと、

価格設定出品時につける価格を言い、
価格改定価格設定した商品を
現在の相場に合わせて、
目立たせて売れやすくすることを指します。

 

非常に混同しやすいですが、
全くの別物と考えて区別してくださいね。

本来であれば別々に作る予定でしたが、
ほぼ同じことを二度説明することに
なりますので、
あえて一つの記事にまとめてみました。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す