せどり初心者のためのQ&A 費用はいくらかかるのか?

せどりを実践していく上で
仕入れ以外にさまざまな
費用がかかるものです。

例えばせどりを始めるために
必要な道具などにかかる
初期費用から、

店舗せどりをする際の交通費
商品を梱包するための梱包費
自己発送やFBA納品するための
配送費まで。

せどりの初期費用と月間費用
それぞれいくらくらいかかるのか
調べてみました!

 

こんにちは、キタジョーです。

 

せどりに使う資金と時間が
分かったら、
次に知りたいのはせどりに
かかる初期費用と月間費用に
興味が沸くと思います。

この費用がいくらかかるかに
よって月々稼がないといけない
金額も変わるので、
気になるところですよね。

今回はせどりにかかる費用に
ついてお話していきます。

 

せどりの初期費用 

文房具1

以前の記事で、
せどりに必要な道具や便利な物20選
という形でせどりに必要な物を
まとめましたので、

せどりにはどういう物が必要かは
だいたい分かっていただけたと
思いますが、

その内容に沿ってせどりに必要な
初期費用についてお話しますね。

 

まずパソコンやスマホ、
プリンタなどはほとんどの方が
持っていると思いますので除外すると、

せどりをスタートさせるのに必要な物は、

 

・封筒 100枚・・・800円
・ダンボール 10枚・・・2,000~4,000円(サイズによる)
・布テープ 5個・・・700円
・クリスタルパック 2種1セット・・・800円
・エアキャップ 42m・・・1,500円
・FBAラベル 50枚入・・・1,300円

せどり初期費用 計:7,000~10,000円

 

ざっと計算して初期費用は、
7,000~10,000円以内
収まる計算になります。

もちろん1個単位で買うともっと
安くなります。

スタートアップセットとしては最低限
これだけあれば作業できます。

 

さらにせどりをもっと時間効率化させたり
便利にしたいとお考えでしたら、
これらを導入することをオススメします!

 

MS910-1

・ビーム MS910・・・14,000円

 

バーコードリーダー1-1

・バーコードリーダー ・・・3,300円

 

ディスク研磨機

・ディスク研磨機 SIMO-R1・・・16,000円

便利ツール費用 計:34,000円~

 

商品に関する詳しい説明は、
せどりに必要な道具や便利な物20選」で
解説していますのでご参考ください。

 

また価格が変動する場合がありますので、
上記の価格はあくまで参考価格となります。

便利ツールはあくまでもせどりを本格的に
始めるぞ!と思ってからでもよいので、
すぐに買わなくても問題ありません。

 

なのでせどりにかかる初期費用は、
多く見積もっても10,000円前後となります。

主に梱包材を挙げましたが、
こちらも出品数が増えれば
下記の月間費用としてかかってきます。

 

せどりの月間費用

配送2

初期費用で梱包費について
お話しましたので、
こちらでは省かせていただきまして、

主に交通費や配送費について
お話していきます。

 

交通費

地下鉄1日切符

こちらは主に店舗せどりにおける
費用となります。

挙げられるのは、
仕入れなどで車を使う場合の
ガソリン代や電車・バスなどの
交通費です。

 

こちらは仕入れの頻度によって
違ってきますし、
ガソリン代は車のグレードや
街の形態によって変わりますが、

自宅付近だと1日1,500円弱
郊外往復で1日2,000~4,000円程度

おおよそこのくらいでしょうか?

月に10日間、地元と郊外を5日間ずつ
せどりしたとすると、
かかったとしても3万円前後
収まると思います。

 

バスや電車などを使う方は、
自宅と店舗をどれくらい往復するのかに
よって話は変わってきますが、

各地方の大きな都市では、
地下鉄やJR・路線バスの1日乗車券
などのサービスを利用すると、

1日かかっても1,000円前後なので、
10日間せどりで交通機関を使ったと
考えても、
月1万円くらいの計算となります。

 

月間交通費:車で3万円前後・地下鉄やJRで1万円前後

 

配送費

ゆうパック2

自己発送やFBA納品に限らず、
商品を発送する上で必ず必要と
なってくるのが月々の配送費です。

自己発送では主にクリックポスト
レターパックはこBOONなどを利用し、

FBA納品ではほとんどの方がゆうパック
利用しています。

 

自己発送の場合、
送料負担が大きくなるため、
あまり大きな商品を自己発送で
配送することが少なく、

ほとんどが本やCD・ゲームソフト、
小型家電や小物雑貨などを
自己発送で送っているようです。

 

サービスの一例

クリックポスト1

クリックポスト 1通・・・一律164円
(ヤフオクと書いてますがAmazonでも使えます)

例 月100通発送で16,400円

 

レターパック1

レターパック 1通・・・360円 or 510円
(重さと厚さによって使い分けします)

例 月50通発送で25,500円
(レターパックプラスでの金額)

 

はこBOON3
はこBOON1
はこBOON2

はこBOON
(2kg~25kg以下・160cm以下で大きい物が送れる)
※画像は最小価格と最大価格を載せています。

例 月10個発送で17,280円
(北海道から神奈川へ 20kg以下)

 

FBA納品の場合は特殊なことがない限り、
ほとんどゆうパックでの発送もしくは、
上記でも紹介したはこBOONのどちらかを
使うことになります。

おもちゃのように大きくて軽いモノは
ゆうパックよりもはこBOONが断然安く
配送できます。

逆に家電のように大きくて重い物は、
ゆうパックのほうが安く配送できます。

重さ30kgまでなら問題ありません。

 

ゆうパック1-3
ゆうパック1-1
ゆうパック1-2

ゆうパック
最低690円~最大2,710円まで
持込割引と同一あて先割引の両方で
180円安くなるサービスもあります。

例 月10個発送で15,400円
北海道から神奈川へ 120サイズ
持込割引と同一あて先割引適用

 

こちらでは割愛しますが、
ゆうパックは年間特約契約を結ぶと
通常価格よりもかなり安く配送できます。

ゆうパックの年間特約契約については、
また別記事でご説明します。

 

自己発送・FBA納品問わず、
配送地域と月の販売個数、
箱のサイズや重さによって
かかってくる金額がガラリと変わりますが、

最低でも10,000~15,000円はかかり、
使うサービスによっては月20,000円以上
かかることもあります。

主に上記の4つの配送方法を
上手く使い回すことで送料を節約
することが可能になってきます。

 

月間配送費:個数・サイズ次第だが月1万円~2万円前後

 

FBA月間保管料

amazon箱1

Amazon FBAを使う以上、
どうしても費用としてかかってくるのが、
FBA月間保管料です。

こちらは商品サイズや出品数によって
かなりの違いがあります。

 

例えば、

CD2

通常のアルバムCDが300枚だとしたら、
1枚組のCDケースのサイズが
約7円なので、

アルバムCD300枚なら2,100円
月間保管料となります。

 

アンパンマン1

アンパンマンのあるおもちゃが
外箱サイズ43×32×4で、
1個あたり43円でした。

もし同じおもちゃが100個あったとすると、
それだけで4,300円の月間保管料が
かかることになります。

 

炊飯器1

最後に割と小さめの炊飯器で、
1個あたり173円とありました。

これと同じようなサイズの商品が
仮に200個あったとすると、
34,600円もの月間保管料が
かかることになります。

 

ということから分かるように、
メディア系商品であれば
たとえ数百枚単位で在庫していたと
してもさほど大きな金額には
なりませんが、

大型サイズの家電商品になれば
月間保管料はグンと上がるので、
同じ在庫数でも月にかかる費用が
全く変わってくるのです。

 

またサイズが大きくなればなるほど、
利益が大きくて回転率が良いこと
月間保管料をなるべくかけない
秘訣となってきます。

 

月間保管料:個数・サイズ次第で月数千円~数万円前後

 

せどりの初期費用と月間費用は
だいたいどのくらいかかるか
お分かりになりましたでしょうか?

お使いになる商品やサービス、
個数やサイズによって、
価格がガラリと変わることがあります。

 

上記の費用例はかなり大きく
見積もっていますので、
実際にはこれほどかからない場合が
多いかと思いますが、

初期費用や月間費用はかけようと
思えばいくらでもかけれてしまうため、

売上に見合わない経費をかけてしまい
月売上が赤字になるなんてことの
ないようにくれぐれも注意してくださいね。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す