せどりにおけるAmazon FBAのメリットとデメリット

せどりをするにあたり自己発送で
経費をかけずに労力をかけるのか、

それとも多少の経費をかけて
日々の発送という手間を省くのか
非常に悩む点でもあります。

前回の記事でもFBAの概要を
説明した際に少々触れましたが、

仕入れた商品をAmazonで
販売するにあたり、

FBAにした時のメリットとデメリットを
さらに詳しくまとめてみました!

 

こんにちは、キタジョーです。

まずサラッと前回のおさらいを
しておきますね。

前回の記事
AmazonせどりのFBAとは?その手数料について

 

FBAとはAmazonが商品の保管から
販売までの一連の流れをすべて
担ってくれてる代行サービスです。

このFBAを利用するにあたり、
通常の商品カテゴリー別の
販売手数料とは別に、
在庫保管手数料と
配送代行手数料がかかります。

その分仕入れ以外の自分でやる
作業のほとんどを、
Amazonにお任せできるというものでした。

 

今回はここからさらにメリットと
デメリットに分けて考えてみましょう!

 

FBAのメリット

OK女

24時間365日 Amazonがお客様対応をしてくれる

 

自己発送一本で仕入れから販売まで
やっていると、
必ず商品発送ができない日や
急な予定などで梱包すら手に付かない
ことがありますが、

FBAを利用すれば、
仕入れた商品の全てを予め検品・梱包し
一括してAmazonに送るだけで、
あとは保管から販売までの作業の
すべてを24時間365日いつでも
やってもらえます。

言ってしまえば海外旅行に
行っている間でも、
仕入れた商品を予め納品しておくだけで、
売上が立てられるのです。

 

またせどりで資金を膨らまそうとすると
どうしても仕入れに時間を使わなければ
いけなくなります。

日々商品が売れる都度、
自己発送していてはなかなか仕入れ
のみに集中することができません。

しかし在庫商品をAmazon倉庫に
預けておけば、
毎日の発送作業をすべて仕入れの
時間にまわすことができ、
結果として支払っている手数料
以上の売上を上げることができるのです。

 

ただし商品ごとの価格の改定や見直しは、
AmazonやFBAのサービスにはないので、
ご自身でやることになります。

 

在庫保管スペースが必要なくなる

 

せどりは在庫商品があって成り立つ
ビジネスモデルなので、
当然仕入れた商品は自宅や事務所、
簡易スペースなどに置くこととなります。

自宅であれば居住空間を圧迫しますし、
別途簡易スペースを借りるものなら、
たたみ一畳分で月5000~1万円弱の
経費がかかってきます。

そこの問題を安価で提供してくれるのが、
FBAのメリットの一つでもあります。

 

また預けた商品在庫を安全・厳重に管理し、
商品に優しい温度管理が成され、
倉庫内での商品の破損や劣化などの
問題にもすぐに対応するなど、

徹底した管理の元、
出品者が安心してAmazon倉庫に
保管できるよう努めています。

万が一Amazon倉庫内での盗難や
破損などが生じた場合は、
Amazon規約に則り補填対象となります。

 

すぐに商品が欲しいお客様向けのサービスが利用できる

 

Amazonではできるだけ早くお客様に
商品を提供するためのプライム会員制度を
有しています。

こちらのプライム会員は購入者向けの
有料サービスで月額5,292円支払うことで、
当日お急ぎ便に対応し、

Amazonで配信されている動画や音楽が
無料でダウンロードできるなどの特典が
付いてきます。

 

その中でも当日お急ぎ便が全FBA商品に
対象となり、
お客様のすぐに欲しいをそのまま
ダイレクトにお届けすることができるので、

結果的に次にお話します高値販売が
可能になってきます。

 

購入率アップに総じて売上もアップする

 

FBAを利用すると自己発送出品者の
価格よりも高いのに、
なぜかたくさん売れるようになります。

その背景にはまずAmazonから発送と
記載されているため、
お客様が自ら安心感をお金で買ってでも
良い商品を安全に手に入れたい
という欲求から、
FBA商品が選ばれるのがまず一つの
理由となります。

 

2つ目の理由としては、
プライム会員のお客様が
当日お急ぎ便に対応した商品を
選ぶことが多いため、

多少高くてもすぐに手に入るものを
選択するということが理由です。

商品が送られてくるまで待てないと
いった思考を持ったお客様の
心の的を得ているのが
当日お急ぎ便であり、

そのおかげで出品者には
副産物として売上や利益の
向上が得られるのです。

 

3つ目の理由として、
FBAを利用することでショッピングカートの
獲得率が上がるというものがあります。

まずショッピングカートそのもののお話は、
別記事の「Amazon出品アカウントの違いとメリット・登録方法について
で詳しくお伝えしているので、
こちらでご確認してくださいね。

 

そもそもショッピングカートは、
大口出品アカウントであれば
一定の条件をクリアすることで、
誰でも獲得できるものですが、

その獲得率が上がるというのが
FBAの最大のメリットとなります。

 

中古品ではショッピングカートが
獲得できないため
あまり影響ありませんが、

新品はショッピングカート獲得の
有無で売上に歴然の差が
生まれてしまうのです。

 

ちなみに2016年現在の
ショッピングカート獲得率は、

出品者のパフォーマンスが良く、
1商品あたりの在庫数に比例して
上がると言われています。

 

以上これらの理由によって、
FBAに切り替えると高く売れやすく
なるのです。

売れやすくなると商品回転率も上がり、
結果として売上・利益とも上がることに
繋がるのです。

 

FBAのデメリット

NO男

通常よりも多く手数料がかかる

 

冒頭でもお話しましたが、
FBAを利用することで
通常の自己発送をするよりも、

様々な手数料がより多く
かかってしまうしまうことが
最大のデメリットとなります。

 

しかし数多くのメリットを
見てもらったら分かるとおり
費用以上の効果が得られるので、

見かけだけで判断するのではなく、
メリットを充分理解した上で
FBAを利用することをオススメします。

 

特に評価数が少ない
新規アカウントほど、
Amazonの販売力に頼って
FBA販売する方が、
結果として売上向上・アカウントの
成長促進に繋がりますので、

これからせどりをする方はぜひFBAを
使うように心がけていきましょう!

 

FBA出品から販売までにタイムラグが発生する

 

これは自宅在庫をAmazon倉庫に
送るので、
致し方ない問題でもあります。

現在ではAmazonFC倉庫が
全国各地に設置されているため、
発送から早くて即日~2日後に
FBA商品として反映され、
販売開始となります。

 

しかし北海道や沖縄といった島では、
発送から販売開始まで最低3日程
かかるため、
その辺りの問題も依然残されています。

このようなデメリットを考えても、
FBA販売に断然軍配が上がりますので、
そこに関しては割り切って考えるように
しましょう。

FBAを利用するほうが絶対的に
有利だからです。

 

商品状態を確認することができない

 

こちらもFBAならではの弱点でありますが、
一度FBA納品すると商品を返送しない限り、
商品状態を確認することができません。

よくメールや電話等でお客様から、
商品状態のより詳しい質問等をされる
ことがありますが、

ご自身が出品文章に書いたこと以外は
全くもって分からないので、
そこを不親切・不審がるお客様からの
機会損失となる場合がどうしても
出てきてしまうのは、
致し方ない問題でもあります。

 

お客様都合の返品を受けやすい

 

最後のデメリットの理由として、
FBA商品は返品が容易いという
理由があります。

お客様の中には出品文に書いてある
内容を読むよりも、
添付された商品写真を見るよりも、
実際に手にとって見たいという層が
一定数いらっしゃいます。

もし記載されている内容が違ったり、
想像していた商品とは違うという
お客様の都合で簡単に返品ができる
というのがあてはまります。

 

FBAのメリットとデメリットは
以上となりますが、

下記の記事を並行して読んで
いただけますとより理解を
深められますので、
ご参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事:

AmazonせどりのFBAとは?その手数料について

Amazon出品アカウントの違いとメリット・登録方法について

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

2件のコメント

  • ななし

    興味深く読ませて頂いております

    Amazonプライムが月額3900円となっています

    • キタジョー

      ななし さん

      キタジョーです。
      いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

      間違いの指摘もありがとうございます。
      現在の税込価格であります、月額5,292円に変更いたしました。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す