請求書が必要な出品許可申請カテゴリー ドラッグストア・食品編

Amazon出品許可申請が必要なカテゴリーの中でも
ドラッグストア食品カテゴリーは、
卸問屋さんから請求書を発行してもらう必要があります。

これがなかなか一筋縄でクリアできないため、
Amazonから出品許可がもらえず、
ドラッグストア食品カテゴリーに参入できない
せどらーさんが多くいらっしゃいます。

請求書の獲得方法はお伝えできませんが、
出品許可申請のやり方はお伝えすることができますので、
卸問屋さんから請求書を手に入れたけど
何故かAmazonの申請が通らない方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こんにちは、キタジョーです。

 

2016年8月現在、Amazonで出品許可が必要なドラッグストアカテゴリー(旧ヘルビ)と
食品カテゴリーの申請が非常に通りやすくなっているようです。

僕自身も卸問屋から請求書を発行してもらい、
ドラッグストアカテゴリーと食品カテゴリーの出品申請にチャレンジしてみました。

卸問屋からもらった請求書に不備があったのですが、
Amazonに出品許可申請を通してみたところ、
あっさりその日のうちにドラッグストアと食品の出品許可が下りました!

 

先月までの厳格化されていたのが嘘のように、お盆シーズンを境にあちこちで
出品許可申請が下りたと話題になっております。

Amazonからドラッグストアと食品カテゴリーの許可をもらう最大のチャンスです。
今からでもまだ遅くはないので、ぜひ出品許可申請を通しておきましょう!

 

卸問屋からの請求書が必要なカテゴリー

 

  • ドラッグストア
  • ビューティー
  • 食品&飲料

この3カテゴリーが卸問屋からの請求書が必要と言われています。

その理由としては、購入者の口に入る・直接肌に触れたり塗ったりするなど、
直接人体に影響がある商品を取り扱うため、
Amazon側でもこれだけ厳しくせざるを得ないのです。

 

今回は上記の3カテゴリーの出品許可申請方法をお伝えしていきます。

また前回の記事では、卸問屋の請求書が不要で簡単な申請で許可が下りる
ペット・服・シューズ・時計・ジュエリーカテゴリーの出品許可申請のやり方を
書いておりますので、そちらも合わせて取得しておくと良いです。

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

Amazon出品許可申請の方法 ペット・服・シューズ・時計・ジュエリー編

 

Amazonが卸問屋に求める請求書の条件

チェック

  • ネット上にホームページを持たない卸問屋の請求書
  • 一般客に卸せる小売業者(オンライン含む)は申請不可
  • 納品書ではなく請求書
  • レシートや領収証は申請不可
  • すべての商品が数量3個以上の仕入れ
  • 各カテゴリー毎の請求書
  • 卸問屋の会社名・住所・電話番号もしくはEメールが記載
  • Amazon上の店舗名・住所・電話番号・Eメールのいずれか記載
  • 購買価格のみ黒塗り
  • 請求書の日付が3か月以内
  • Amazonテクニカルサポートからの電話に出る

以上が、Amazonが卸問屋の請求書に求める概要のすべてです。

 

逆に言えばこれらの条件がすべて揃っていないと出品許可申請は下りません。
ですので、上記の条件をすべて満たす必要があります。

特に間違いやすいのが、請求書ではなく納品書であったり、
ネット上のオンラインショップから請求書をもらってしまうなどが挙げられます。

 

そして落とし穴が、仕入れ数量が3個以上の請求書が必要となる点です。
これは安定した仕入れができるかどうかをAmazon側が求めているからです。

一度に3個以上の仕入れができるかを問われるので、
必ず3個以上の仕入れをして申請を通さなければなりません。

 

ちなみに仕入れといっても、Amazonで売る必要性はないので、
利益度返しで許可申請が通りやすそうなものをチョイスして、
実際に請求書と商品が届いたらヤフオクやメルカリで売るとか、
自分で使ってみたり食べてみたりするのでもOKです。

卸問屋を使うのは、あくまでも請求書をもらうためですので、
商品の利益が出ないなどで躊躇するのではなく、
商品代金も申請カテゴリーに必要な経費だと思って投資してください。

 

また請求書の申請が通ると、次にAmazonテクニカルサポートから電話があるので、
こちらに出てAmazonが求める要件に則っていれば、
その後、数十分~数時間で出品許可のEメールが届きます。

なので、少なくともAmazonからの電話に出られなければならないので、
当日はなるべく電話に出られる環境にするようにしましょう。

出品許可申請は、できるだけ前日の夜もしくは当日の朝までに済ませておき、
その日のうちにAmazonから電話をかけてもらえるようにしましょう。

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

僕の場合ですが、午前10:30に請求書を申請して、
午後15:00にAmazonテクニカルサポートから電話が来て、
電話後の約10分で出品許可のEメールが届きました。

 

請求書の不備が軽微なら許可申請は下りる

書類1

僕が卸問屋さんからもらった請求書には、商品単価と数量の記載が抜けていました。

これは申請通らないだろうと思いながらも、請求書アップロードの下にある
コメントの追加欄に、卸問屋から送られてきた注文メール内容の一部を
貼り付けて記載したところ、問題なく申請が通りました。

 

Amazonが求める要件には、数量3個以上とあるだけで、

  • 1商品あたりの仕入れ数量が3個以上なのか?
  • 請求書自体には数量の記載がなくてよいのか?

 

こちらははっきり明記されていないので、
1商品あたりの仕入れ数量を3個以上で問題ありませんでしたし、
商品単価や数量は請求書に書いていないくても許可申請が通りました。

この辺りもAmazonは守秘義務を貫いていますので、
あくまでも憶測でチャレンジしていくことになります。

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

こちらも僕の場合、1商品あたり3個ずつ仕入れ、
商品単価と数量の記載がなかった請求書でも、
コメントの追加欄に商品単価と数量を記載することで許可が下りました。

 

Amazonでは、対応したスタッフによって申請が通りやすりor通りづらい、
見ている所が違う、電話での質問内容が違うことが多々ありますので、
常にケースバイケースになります。

ですので、一度許可申請チャレンジしてみて仮にダメだったとしても、
対応するスタッフが変われば難なく申請が通ることがありますし、
出品申請自体は数分でできますので、何度もチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

ドラッグストア・食品カテゴリーの出品許可申請の方法と手順

 

それでは、卸問屋さんからの請求書が必要なドラッグストアと食品カテゴリーの
出品許可申請のやり方をご説明いたします。

今回はドラッグストアの許可申請をおこなっていきますが、
方法や手順は他のカテゴリーもすべて同じです。

※サポートを受ける>出品申請が必要なカテゴリーまでの流れは、
Amazon出品許可申請の方法 ペット・服・シューズ・時計・ジュエリー編
お伝えしておりますので、そちらをご参考ください。

 

出品申請したいカテゴリーを選択し、「出品要件を確認」をクリックします。

ヘルビ申請1-1

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

すると出品に関する注意事項が出てきますので、よく目を通して理解しておき、
読み終えたら最下部の「出品を申請」をクリックします。

ヘルビ申請1-2ヘルビ申請1-3ヘルビ申請1-4

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

次に3つの質問に対して、下記のように設定してください。

商品は新品ですか? →「はい」にチェックマーク
商品は何点販売予定ですか? →「6-100」にチェックマーク
自社で製造されているor独自ブランドですか? →「いいえ」にチェックマーク

上記3つにチェックマークを入れたら、最下部の「続ける」をクリックします。

ヘルビ申請1-5

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

書類のアップロード画面が表示されますので、請求書1点にチェックマークを入れ、
「続ける」をクリックします。

ヘルビ申請1-6

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

請求書の要件をよく読み、「同意します」をクリックします。

ヘルビ申請1-7

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

PCのペイント機能などを使って、卸問屋の請求書の仕入価格のみを黒塗りにし、
ファイルのアップロードをクリックします。
アップロードされると下記のように表示されます。

もしも請求書に不備等がありましたら、「コメントの追加」をクリックすると、
500文字以内で書き込みすることができます。

※僕の場合、請求書に数量の記載が抜けていたので、
コメントの追加をクリックして、数量を書き込みました。

ヘルビ申請1-8

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

追加情報の「所有している店舗または事務所の会社住所」にチェックマークを入れ、
Amazonに出品登録している住所を記載します。

上から、番地→地区名と丁目→市区町村名→都道府県→郵便番号の
順番に記載していきます。

記入し終わったら、「続ける」をクリックします。

ヘルビ申請1-10-2

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

Eメールのみ必須事項になっていますが、念のため会社概要も記入すると親切です。
もし記入する際は、店舗名・住所・氏名・電話番号を記入しておきましょう。

最後に「申請内容の送信」をクリックします。

ヘルビ申請1-11

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

下記の画面が表示されたら、出品申請が完了です。

ヘルビ申請1-12

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

電話女

電話審査

出品申請が完了したら、その日のうちにAmazonテクニカルサポートから
電話が来ますので、Amazonからの質問にそつなく答えましょう。

質問内容やそれに対する答え方は、今現在では請求書の獲得方法と同様に
まだノウハウとなっております(無料レポート等にあります)ので、
大変申し訳ございませんがお答えすることはできません。

矢印緑50-2   矢印緑50-2   矢印緑50-2

電話審査でこちらがAmazon側の要望と同じ回答ができれば、
数十分~数時間後に下記のメールが届きます。

これで出品権限が獲得できます。

ドラッグストア審査完了

 

以上が、ドラッグストア・食品カテゴリーの出品許可申請の方法と手順となります。

卸問屋から複数の請求書を一度にもらうことができたら、
出品許可申請も一度で複数のカテゴリーに申請しましょう!

そうすることでAmazonからの電話審査も1度で済むため、手間が省けます。

 

こちらは卸問屋の請求書を手に入れなければならないハードルがあるため
決して比べることはできませんが、ペット・服・シューズ・時計・ジュエリーカテゴリーと
同様に今現在Amazonの審査が緩い状態にありますので、
可能な限り取得しておくと良いでしょう。

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す