せどり遠征仕入れに必要なアイテム11選と発送・梱包資材

せどりでより多く稼ぐには、
他を圧倒するレベルで行動する必要性があり、
それが店舗せどりの場合においては遠征せどりとなります。

遠征せどりは自らの仕入れの幅や利益・行動範囲が
広がるだけでなく、せどり知識の幅も広がります。

都会ではお目にかかれない商品が田舎でせどりできたり、
田舎に行くと驚きの価格で仕入れられたり、
都会でも誰も仕入れ店舗として使われておらず大量に新品せどりができたり、
自分の足で遠くまで仕入れに行くことでせどりにおける様々な発見ができたりします。

そこで今回は遠征せどりをする際に必要な物をまとめてみました。

こちらを見るだけで遠征仕入れがすぐにできるように書きましたので、
是非活用してみてくださいね!

 

こんにちは、キタジョーです。

 

このブログをお読みいただいている方の中には
せどり初心者の方だけでなくせどり実践者さんもいらっしゃると思いますが、
せどり遠征仕入れはされていますか?

僕は日常茶飯事、遠征せどりをおこなっています!

遠征する理由として、旅行やドライブなどが好きなのもありますし、
稼ぎを増やすためなのは言うまでもありませんが、
たくさんの商品に触れてせどりの知識を深めるためでもあります。

 

また店舗せどりにおいて行動範囲が狭いと稼げる幅も狭くなるので、
できるだけ広く確保する必要性があります。

それらを考えた結果、店舗せどりで稼ぐ上で遠征仕入れは必須であると言えます。

 

せどり遠征仕入れに必須な物

店舗データ0514-10

そこでこれからせどり遠征される方のために、必須アイテムをリストアップしてみました。

 

車(レンタカー)

 

遠征せどりをおこなう上で車がなかったらそもそも遠征せどりが難しくなります。
都市部中心のみであれば電車・地下鉄・バスなどの交通機関を使ってせどりできますが、
郊外では車がないと行くことができない店舗がたくさんあるため車が必要になります。

ただしマイカーをお持ちではない方は、レンタカーを使うという手段もあります。
以前、格安レンタカーについてまとめた記事がありますので、
こちらのレンタカーを利用すると経費を最低限に抑えられますのでオススメしています。

↓   ↓   ↓
せどりで使える格安レンタカーと予約方法

 

またマイカーの場合、できればワンボックスカーのほうが宿泊費などを抑えられるので、
これからせどり目的で車を買う方は軽自動車・普通車問わずワンボックスカーを
購入されることをオススメします!

少々手間はかかりますが、座席を倒してフルフラットにすればより荷物も積めますし、
何よりも足を伸ばして睡眠をとることで快適な車内泊が可能になり、
身体に疲れを残さずに長旅とせどりができます。

なお格安レンタカーでは車種は選べても年式は選べませんのでご注意ください。
また年式のほか仕様などでフルフラットにならない車もあります。

 

クレジットカード

 

せどりするにあたり、大半のせどらーさんはクレジットカードで仕入れしていると思います。

出先でどれだけの量の仕入れができるかわかりませんので、
少なくともクレジットカードは余分に2~3枚は持っていきましょう。

思わぬ店舗で大量買いができるかもしれませんし、
倍以上で売れる高額品が多数あるかもしれませんので。

 

もし可能であればクレジットカード枠の上限を上げておくと、
よりたくさんの仕入れができます。

できれば最低限50万円以上のクレジットカード枠があれば尚良いです。
枠が狭い場合はクレジットカードを複数枚持っていくことを忘れないでくださいね。

 

キャッシュカード

 

せどらーさんの中には現金決済を好む方もいらっしゃるでしょう。

普段から常にキャッシュカードはお持ちになっていると思いますが、
遠征せどり出発の際は念のため確認をしておいてください。

クレジットカードをたくさん持っていれば良いですが、
そうでない場合は資金不足で仕入れできずに帰ってくる羽目になってしまいます。

 

保険証

 

万が一の出来事に備えて、保険証も必須アイテムになります。

もしも事故やケガなどに遭ってしまい病院に行く必要性がある、
インフルエンザなどの感染症をうつされてしまった、
体調不良で病院にかかりたいといった時に保険証がないと
余計なお金がかかってしまいます。

誰しもに何もないことを祈っておりますが、
もしもの事に備えて保険証は確実に入れておいてくださいね。

 

スマホ(携帯) ※せどりに使うためのもの

 

せどりをやる以上、これを忘れてしまう方は居ないと思いますが、
もしも途中で無くしてしまったり、故障してしまったりしても急所を凌ぐ意味で、
Wi-Fi端末でも良いので予備を持っておくと安心できます。

もしせどりに使うスマホ端末が古かったり異常を起こすようなことがある場合、
思い切って新しいものに替えるか今のものを修理することで、
遠征中に思わぬトラブルの要素を1つでも減らすことができます。

 

また充電に必要なケーブルも数本あった方が便利です。
突然の断線などで充電ができなくなることを防ぐためです。

車移動が増えますので、スマホを常に充電できるように
シガー用の充電ケーブルも装着しておくと良いでしょう。

 

カーナビ

 

最近ではスマホ上でナビしてくれるアプリ「ナビタイム(NAVITIME)」などがあり
以前よりはカーナビの必要性は下がりますが、
カーナビのほうが画面が大きくて見やすく、操作もしやすいという観点では
せどりにおいて必要アイテムとなります。

今はポータブルナビが主流でデータが古くなれば買い換えなければなりませんが、
1万円台で最新モデルが買えますし、型落ちモデルであれば1万円以下で買うことができます。

 

僕が実際に使っていてオススメできるポータブルナビは、
ユピテル製のカーナビになります。

安くて操作性が良く、ナビ以外の機能でもオービスや取り締りエリアなども教えてくれるので、
ドライブサポート的な意味でもあると重宝します。

↓   ↓   ↓

ユピテル 5.0型2016年度春版地図データ収録ポータブルナビゲーション YPL522

 

店舗データ

 

i-Phone・Android問わず、店舗検索アプリ「ロケスマ」を使えば
仕入れ対象となる店舗の場所を絞り込むことができますが、
予め自分が行く店舗の住所と電話番号をリストアップしておくと効率的です。

僕の場合、〇〇県の〇〇市に自分のせどり対象店舗が何店舗あって、
取り逃しの無いように行きたいので下記のようなリストを作ってあります。

店舗データ0514

(これは古い仕様であり、今はもっとたくさんの店舗記載をしています)

 

電話番号の記載をしていないのは、結構店舗の電話番号が変わることと、
1枚の表で複数の都市が閲覧できるようにしたいので、
都市名と店舗名だけを書いて電話番号はその都度書くようにしています。

何度も書き込みができるようにラミネート加工しており、
激落ち君などで書いた文字を消せるようになっています。

 

モバイルバッテリー

 

車を使う使わない問わず、常にスマホの充電環境は確保しておいたほうが良いです。

車があればシガー用の充電ケーブルでスマホを充電できますが、
都市部では店舗間の移動が少なくシガーからの充電量もそう多くはありません。

なのでそれとは別にモバイルバッテリーがあると、突然の充電切れにも対処できます。

 

交通機関などを使った都市部でのせどりでは、なかなかスマホ充電できる環境がないので、
モバイルバッテリーが必須になります。

最近のせどりツールは、スマホのカメラでJANコードを読み取ったり、
商品画像検索ができるものがあり、
スマホのカメラを使う場合は充電の減りがとても早いので、
モバイルバッテリーをいくつか装備しておくと1日中問題なくせどりができます。

 

ちなみに僕が使っているモバイルバッテリーですが、
こちらの超大容量のものを8つ所持しています!

僕の場合、車内泊中にブログを書いたり、バイナリーオプションなどをやったりするので、
これだけの数を持ち歩いていますが、せどりだけであれば3つあれば十分です。

スマホなら7回程度のフル充電ができますよ!

↓   ↓   ↓

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 A1271021

 

寝袋(布団)

 

車内泊ができる環境の方であれば、最低限寝袋が必要になります。

寝袋には用途が分かれているので、冬は厚手のものを使用し、
春秋は薄手のものを使用すると快適に過ごせます。

寝袋は動きがやや制限されますが、暖かいので寒い時期は必須です。

 

もしフルフラットにできるのであれば、薄手の布団を敷くと寝袋以上に快眠ができます。

全容を写せるほど綺麗な環境ではないで僅かながらですが、
こんな感じで布団を敷いています。

店舗データ0514-2

足が伸ばせる上、冬は厚手の掛け布団を用意すれば、
自宅と同じように寝ることができます。

 

サンシェード

 

車内泊と言えど、ある程度の光を遮断しないと眩しくて寝ていられなかったり、
防犯上でも車内をできるだけ見えないようにしたほうが安全です。

各窓から入る光を遮断することができればとても快眠できます。

ただし車種別のサンシェードは非常に高価ですし、
ホームセンターに売っている汎用サンシェードを加工するのも手間がかかります。

そこでダイソーなどの100円均一で手に入る黒いゴミ袋を重ねることで、
サンシェード変わりに代用することができ光を遮断することができます。

 

着替え一式やタオルや歯ブラシなどの身支度セット

 

数日のせどり遠征であっても、不意に汚すことがあります。
服や下着・靴などはどこでも調達はできますが、余計なお金をかけないのであれば、
予め持って行くと良いでしょう。

また温泉施設などを利用することもありますので、
タオルやドライヤーなども忘れずに持っていきたいところです。

その他、歯ブラシやシェーバーのほか、ホッカイロや殺虫剤などのアイテムがあると
夏冬も快適に過ごせます。

 

遠征せどり中の商品発送や梱包などの買い足しが必要な資材

店舗データ0514-11

商品を仕入れると新品はAmazonや代行業者へ、
中古品は検品するために自宅や代行業者へそれぞれ送らなければなりません。

その際に必要となってくる資材を簡単にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

ただし詳しい説明は、以前こちらでまとめているので、
合わせてお読みいただけますと幸いです。

↓   ↓   ↓
せどりに必要な道具や便利な物20選

 

発送や梱包に必要な物

 

  • ダンボール
  • 布テープ(クラフトテープ)
  • プチプチ
  • カッターもしくはハサミ

 

上記が自宅や代行業者に送る際、最低限必要な梱包資材となります。

これらは遠征仕入れ中のホームセンターを利用して調達してくださいね。
ホームセンターせどりをする方は常に調達できますのでご心配はいりませんね 笑

 

AmazonFBA出品に必要な物

 

  • 出品端末 (スマホもしくはタブレットPC)
  • ポータブルプリンター (bluetooth機能搭載のもの)
  • FBAラベル
  • クリスタルパックやプチプチ (商品ジャンルに合わせて)
  • コピー用紙

 

まさか車内でこれらの作業をやる方はいないと思いますが、
僕は以前試みたことがあるので念のため掲載しておきますね 笑

 

観光しながらのせどり遠征仕入れの様子と結果

 

GWは観光したり美味しいものを食べたりしながら遠征せどりしていました!

店舗データ0514-4

店舗データ0514-6

店舗データ0514-7

店舗データ0514-8

 

遠征と行っても地元から少し離れたところなので、
本州に行ったりなどの本格的な遠征せどりではありませんが、
今回もたくさん仕入れできましたよ!

店舗データ0514-3

本来ならもっとたくさんの都市を回りたかったのですが、
ちょっとしたトラブルが発生し中断せざるを得ませんでした。

それであっても約76万円の仕入れ、ダンボール箱にして7箱ほどでしたし、
初めて見た商品・仕入れた商品がありましたので、
新しい発見等も経験できて良かったなと思いますね♪

 

店舗データ0514-9

カゴに入っているのはすべて未開封品の新品プレ値で激アツでした!

他のおもちゃはほとんど買い尽くされていたのに、
このコーナーだけは手付かずのウマウマコーナーと化してました。

後ほど出品しますが、いくらで売れるか楽しみです!

 

お読みいただきありがとうございます♪
参考になれば幸いです。


こちらの記事を読んで気に入って頂きましたら、
下記のSNSボタンで共有のご協力をお願い頂けますと嬉しいです☆

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す